スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップ第3戦 ロックアイランド 

rock.jpg

ワールドカップ第3戦(最終戦)のスポットであるアメリカテネシー州のロックアイランドを紹介します!何年も前から(ロングボートの時代から)有名スポットで開催された大会は数知れず。ビデオ等で見たことがある方も多いのでは?スポットの真横にビッグな滝があるのがその目印です。
ワールドカップ最終戦を飾るにふさわしいパワフルなウェーブホールで、ホールムーブからウェーブムーブまで幅広く可能。ただブラント等は出来るには出来るようだが、完全なウェーブではないため、若干ぶっさし系になってしまうようだ。ホップもそこそこのため、ガーベレーターよりもよりシビアなエアーでの処理が求められそう。ただ超強力なバックウォッシュがあるため、ドンキーフリップ(エアースクリューのノンエアーバージョン)やヘリックス(ORフェリックス 同じくヘリックスのノンエアーバージョン)などでガンガン残れそう。キームーブとしては得点の高さから考えると、やはり左右のマックナスティ(コンボを含めて)・エアースクリュー・ヘリックスだと思われる。(水量によってトリッキーウー等も出来るそうだが) 
また残りの良さから考えると、トップの選手はほぼエントリームーブから入ると考えていいだろう。
第3戦に出場予定の貝本選手・八木選手・高橋選手・松岡選手・
加藤むむ選手・伊藤選手・森田選手・松永選手
の計8名の日本選手団はすでにロックアイランド入りしているが、現地から気の重くなるニュースが入ってきている。水量不足のため、大会当日の金曜日からしか放水がないとのこと。日本選手団でロックアイランド経験者はいないと思われるので、全員がほぼぶっつけ本番という最悪の事態です。現段階では9/15金曜日から男女とも予選が開始される予定。(日本時間の金曜夜から)なんとか土曜日に持ち越されないのでしょうか?
ロックアイランドの動画はこちら
スポンサーサイト

オタワ ガーベレーターウェーブ総括

P1010638_up.jpg

オタワ・ガーベレーターウェーブに1週間乗って感じた特徴です。
ファーストライドで感じたのは、トップに上がった時の落差が物凄いこと。
また非常に荒れていてスピードが速いため、リーンのかけ方を日本のスポットと同じように(若干食わせ気味)すると沈かフラッシュが待っている。
バックウォッシュは多く見えるが、パワフルに引き戻してくれるほどのパワーはない。
基本的に岐阜県板取川のラーメンウェーブの落差とパワーを大きくした感じであるが、その点においては異なる。
したがってムーブについては、パンナムだとぶっ挿し系ならほぼフラッシュ、エアースクリューはいかに空中で早く処理できるかが肝になる。ヘリックスのような技については、トップ選手であっても一か八かの部分があったように思える。
エアーについてはトップを取って巧く走れたときのみビッグエアリアルが可能。日本でいうと長良川堰堤ウェーブくらいビッグなのがいける。
巧く走れたときはカヌーをやっていて最高の瞬間を味わうことが出来るだろう。
このウェーブについても他のウェーブと同様に、トップをとることがウェーブ攻略の第一歩であるが、爆発波のようにあれたバックウォッシュのトップをとるのは簡単ではない。
ほとんどの選手がスピンからではなく、左右の切り替えしからそれを行っていた。
ただトップを取ることを考えすぎて後ろに行き過ぎると,バックウォッシュに弾かれてフラッシュ。用心して前に行き過ぎると巧く走れないため,それがジレンマとなっている選手も多かったようだ。
ムーブ
左右エアーブラント
クリーンブラント(結構リスクが高くだしている選手は以外と少なかった)
左右バックスタブ(走らせ方が適当だと出来ない 特にオールスターがビッグだった。)
左右ピストルフリップ(残りにくいためかなり難しい。トップの少数がやっている ジュニア1位のニックが得意とする)
左右パンナム(左走りはパンナムにするとリスクが高い)
左右エアスクリュー(同様に左走りは難しい いかにエアーで処理するかが重要) 
左右ヘリックス(一か八か)
左右クリーンバックスタブ(C-1選手を中心にスピンからのこの技を一部の選手がやっていた。クール!)
左右マックナスティ(このウェーブではヘリックス以上に残らないため大会でやる選手はアンソニーヤップただ一人。ただほとんど決めてきます・・)
コンボ系ムーブ(ブラントからのマックナスティなど練習中は成功させている選手がいたが、さすがに大会で使う選手は爆死覚悟で行っていたようだ。)                    
月曜日までに大量のDVをまとめて動画でアップします。                                                                    小森

ブラックウォーターリバー

 いよいよワールドカップ第2戦が9/9(土)・10(日)ブラックウォーターリバーで行われます。
あまり情報のなかったスポットですが、現地情報によると、そんなに大きくないフレンドリーウェーブだそうです。(木曽川05番に似ているとのこと)
フラッシーなため、ムーブは左右のブラント・バックスタブをいかに正確に繋げていけるかがキーポイントになりそうです。
ガーベレーターのような荒れてビッグなウェーブはなかなか日本にないため、日本人選手にはどうしても不利でしたがこれならチャンスはありそうです。
ただ、現地の森田選手は亜脱臼、松岡選手は背中を痛めているのがかなり心配です。3大会連戦のため連続出場の選手は体調管理には十分に気をつけてもらいたい。

8/22 初ガーベレーター

現地の恒陽選手から、初ガーベレーターでのライドの動画と写真が届きました。

8月22日(はれ)

朝鼻血を出して目が覚める。
貸してもらった枕とシーツが血だらけだ。
アンドリュー・ホルコムとジェーンに手伝ってもらって掃除。
どうもありがとう。すみません。
外にはマギーおばさんとペーターおじさん。
その子供ロスと、友達ジョン。

world20060822hoyse3.jpg

world20060822hoyse2.jpg


家から出て見てみるとここがだいぶ素敵な環境だということがわかる。
青い空、おだやかな川。
world20060822hoyse1.jpg


庭にはダガーのニューボート、エージェントのプロトタイプが無造作に転がっている。
world20060822agent1.jpg

world20060822agent2.jpg

ジェーンと一緒に近くの町に買い物に行く。
まず銀行に行って、カナダドルをGET。
次にグロサリーストアーでパンやら水やらを買う。
最後に酒屋さんでビールを購入。

今日はアンドリューから借りたキングピン6.2とATパドルを使って漕ぎに行く。
松岡さんはVISION44。
ジェーンたちの家から15分ほど下流に下った所にガーベレーターがある。
かなり込んでいるけれど、数回トライしてみる。
ブラントがやばいくらいに跳ねる。
うぉっ!やべー!
world20060822gab1.jpg

全景1

でも他のパドラーに言わせると水が多すぎるから残りづらいらしく、もう少し減った時がベストなんだそうだ。
world20060822gab2.jpg

全景2

ガーベレーターファーストライドはこちら movie by coyo
(恒陽選手のブログ「MASTERPIECE」中に動画が埋め込まれています。)
http://coyosmasterpiece.blog62.fc2.com/blog-entry-162.html

面白いけど、人が多いので場所を変えてみることにした。
オタワリバーには狭い範囲にいくつか遊べる場所があるそうだ。

一つは今紹介したガーベレーター。

次に向かったのはガーベレーターから30分ほど上流に漕ぎあがった(とはいってもほとんど静水と変わらないので、楽に漕ぎあがれる)場所にある。
名前はBABY FACE。これもまた日本にあったら行列ができるんだろうなぁ、といったスポット。
world20060822baby1.jpg

world20060822baby3.jpg


過去にワールドチャンピオンシップが行われたマッコイズホールの15mほど下流にある。
マッコイズは水量が多いため今は荒れたウェーブホール。つかまる心配はまったくない。
world20060822baby2.jpg

world20060822baby4.jpg


ベイビーフェイスではブラントやバックスタブ、マックナスティなんかの練習ができる。<家に戻り、夕食はチキンを用意してもらった。
さっきのビールと、家の人がくれたビールを飲む。
そこにシェーンベネディクトと、シンディがやってきた。
シンディは空港から送ってもらったパドルを持ってきてくれた。ありがとう!
夕食後、シェーンに連れられワイルダーネスツアーズに移動する。
リキッドロジックの代表でもあるシェーンはやさしそうな雰囲気の人だった。

ワイルダーネスツアーズのキャビンは結構ちゃんとしていて、ベッドが2つと、ソファ、小物を入れる引き出しと洗濯物かけがある。

world200608221.jpg


体調管理に気をつけて、ベストコンディションで大会に臨んでください!

夜間練習

Night_Surfing.jpg


8月27日、ガーベレーターでの練習時間を長くできるように、早朝、夜間、ライトでの点灯が始まりました。
現在、1日中練習できるようです。
写真は、午前3時に携帯カメラで撮ったものです。
午前3時ですよ!!

本日、犬飼選手と小森選手がガーベレーターに向けて飛び立ちました。
「ダ○・ジャクソンの首くらいは取ってくるよ!」
お父さんの首を取ってきてくれることを期待しましょう!

夜間練習についての記事はこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。