スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オタワリバー  ガーベレーターウェーブ

ottwa.jpg



garberator_001.jpg

garberator_002.jpg


9月1~3日に行われる第1戦の会場はカナダのオタワリバー「ガーベレーターウェーブ」。
オタワリバー・ローンラピッドは日本では考えられないほどの大量の水が、落差のある地形に流れる場所である。
「ガーベレーターウェーブ」の上流にはダムがあり、ダムコントロールできるプレイスポットとしては、世界最大級!
水量が多いときは、上流にさらに巨大な超有名スポット「バス・イーター」が出現するという、非常に羨ましい川である。
「ガーベレーターウェーブ」の流速はすさまじく、走ることが出来るフェースが非常に長く、荒れたウェーブである。
日本で言うと、岐阜県板取川のラーメンウェーブ(小森選手動画その1)にやや似ているか。
ムーブは、現在発表されているほとんどのウェーブムーブが可能である。
従って、大会はエアースクリュー、ピストルフリップ、マックナスティなどの難易度の高いエアリアルムーブをいかに出せるかが、キーとなるだろう。
しかし、強力なバックウォッシュがあるとはいえ、非常に早い流速のため、1度フラッシュすると45秒以内に戻ってくることはほぼ不可能。そのため、ムーブの安定感の高さも必須である。

日本選手で第1戦出場者は高橋選手・松岡選手・小森選手・犬飼選手・森田選手の計5名。健闘を祈りたい!

ガーベレーターウェーブの動画その1はこちら 
動画その2
動画その3
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。