スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルールと採用されるジャッジについて

(ルール)
競技の途中でボートを変更することは禁止です。

(予選ラウンド~準決勝ラウンド~決勝ラウンド)
予選は、3本プレイして、得点の高い2ライドが採用されます。
男子は上位15名、セミファイナル進出となります。
女子は上位5名がファイナル進出となります。
男子セミファイナルは、上位5人が決勝進出となります。
男女ともファイナルはノックダウン方式がとられ3本1採用となります。ポイントの低い順に脱落します。
最後の2人で優勝決定戦が行われます。

(スコアリングフォーマット)
今大会、最も特筆すべきはバラエティポイントのみという加点方法です。
そして、各ムーブの得点は1度しかカウントされないという点です。
テクニカルがカウントされないということは、例えば、左のエアーブラントを何度やっても、たったの8点しか取れない計算になります。
ウェーブでは特に、女子選手は非常に厳しい戦いを強いられることになるでしょう。
おまけに、フラッシュしてしまうと、なんと-6点のオマケ付!
あんまりです。
男子選手も、最低でもエアーバックブラント12点以上の技(例えば、ウェーブにおいては、パンナム、フリップターン各16点、クリーンブラント、ドンキーフリップ各18点、ピストルフリップ20点、ヘリックス、エアースクリュー、マックナスティ各22点)を45秒間、コンスタントに出し続けることが勝利への鍵となります。

皆さん、日本選手の活躍に期待しましょう!!

採用されるルールと規則についてはこちら
スコアリングフォーマットについてはこちら


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。