スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップ第3戦結果報告

アメリカ・テネシー州ロックアイランドで行われたワールドカップ第3戦の結果が出ました。なんと予選11位通過の八木選手がセミファイナルで順位を上げて堂々の7位入賞!第2戦の松岡選手9位に続きやってくれました。ほとんど練習時間がなかったことを考慮に入れると、まさにこれ以上はない結果です。
ムーブについては、エントリーキックフリップ、左右ブラント、バックスタブ、カートウィール、ドンキーフリップのルーティーンだったそうです。やはりオーストリアプレワールド3位の実力は健在だった。
本当におめでとう!
YAGI.jpg
 
ちなみにボートはジャクソンカヤックの「ALL STAR」とのこと。

次に期待されていたスクォート部門の森田選手ですが、なんと第2戦に続いて堂々の1位に!
これで第1回ワールドカップ総合(3戦計)チャンピオン決定です。(使用艇はPROJECT45)
今のスクォート競技はミステリームーブの配点が非常に高いため、本人も期待していなかったことでしょう。CONGRATULATIONS!

KOYO.jpg

(ただ3戦を通して参加者が非常に少ないことは、ワールドカップとしてのスクォート競技のあり方に大きな一石を投じることになりそうです。)

 男子の1位はジャクソンファミリー・2005年アメリカチャンピオンのクレイ・ライト(39歳) 
2位-やはりウェーブだけではなかった。スロバキアのピーター・ソンカ(22歳) 
3位 ここは地元なだけに1位を取りたかったでしょう42歳のワールドトッププレイヤー・エリック・ジャクソン
男子総合(3戦の合計)は1位エリック・ジャクソン、2位ステファン・ライト、3位クレイ・ライトでした。全てジャクソンファミリーです。
恐るべし!
 男子ジュニアは17歳のカナダNO1プレイヤー ニック・トラウトマンが1位 
2位に13歳のサラブレッド-ダン・ジャクソンという結果に。3戦を通じてジュニアはこの二人の戦いになったといっても過言ではないでしょう。(2人ともジャクソンファミリー)
女子の1位がターニャ・フォックス(オーストラリア) 
2位はこれまたダンの姉のエミリー・ジャクソン
女子についてもこの二人の独壇場といってよかったでしょう。


長きにわたり第1回ワールドカップに出場された日本選手団の皆さん 本当にお疲れ様でした。感動をありがとう!
また日本でも魅せてください
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。