スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

from ottawa

coyo です。

今オタワのワイルダーネスツアーズからUPしています。
持ち込んだノートPCをLANケーブルでつないでもらっているので、いつも繋げるとは思いませんが、時々UPできたらいいなと思います。

では、まず現地情報。

ワイルダーネスツアーから車で15分くらい。17号線沿を走って、途中で曲がった所に今回の開催地ガーブ(ガーベレーター)があります。
駐車場から徒歩5分くらいかな。

今日は写真用意できてないけど、すっごいいい場所です。
ウェーブ以外には周りにほとんどなにもなくて、上には見渡す限り静水。下流にもほぼ静水。なんでこんなところに!ってくらいいきなりウェーブが現れます。

garb.jpg


完全に頭がつかないエアスクリューや、飛びすぎなブラント・パンナムを皆がやっています。
エントリーはなれないとちょっと難しいけど、漕ぎあがりは楽、エディ待ちも楽。ビデオ撮影も休憩もしやすい。自然にこんな場所ができたなんてびっくりです。


一昨日はUSトライアルが行われました(今頃!?)。
EJ、JAY達6人が順当に勝ち上がり今年もアメリカはプリティストロングなチームが完成という感じです。

USチームのトライアルを見れたおかげで、このスポットの攻略方法はだいたいわかってきました。

今回は新ルール採用ということもあり、大技をがんがん狙っていくのがよさそうです。
ルールは以前少し紹介したのですが、テクニカルなしのバラエティのみの加点方式、スピン1点、ブラント4点、エアーブラント8点、パンナム16点といった感じの方式です。一般の」大会用に採用したらえらいことになりそうなルールですがワールド出場者が対象ならまぁなんとかなるのかな。

今、僕とマッツはワイルダーネスツアーに泊まり、リキッドロジックのシェーンベネディクトにはスポットまで送り迎えだけでなく、いつも色々と助けてもらってます。本当に感謝です。
宿では1日3食付、ベッド・毛布つきという素晴らしい環境で過ごしています。
唯一、朝と晩が冷えるのが予想外で、ときどき震えそうになります。そのくせ昼はサングラスと日焼け止めが必要なくらいに暑くなって、だけど曇ってくると急に寒くなってきて、なんなんでしょうね、この天気は。

ではでは、そろそろ漕ぎに行ってきます。
次はムービー載せられるかな?

byCOYO

オタワリバー  ガーベレーターウェーブ

ottwa.jpg



garberator_001.jpg

garberator_002.jpg


9月1~3日に行われる第1戦の会場はカナダのオタワリバー「ガーベレーターウェーブ」。
オタワリバー・ローンラピッドは日本では考えられないほどの大量の水が、落差のある地形に流れる場所である。
「ガーベレーターウェーブ」の上流にはダムがあり、ダムコントロールできるプレイスポットとしては、世界最大級!
水量が多いときは、上流にさらに巨大な超有名スポット「バス・イーター」が出現するという、非常に羨ましい川である。
「ガーベレーターウェーブ」の流速はすさまじく、走ることが出来るフェースが非常に長く、荒れたウェーブである。
日本で言うと、岐阜県板取川のラーメンウェーブ(小森選手動画その1)にやや似ているか。
ムーブは、現在発表されているほとんどのウェーブムーブが可能である。
従って、大会はエアースクリュー、ピストルフリップ、マックナスティなどの難易度の高いエアリアルムーブをいかに出せるかが、キーとなるだろう。
しかし、強力なバックウォッシュがあるとはいえ、非常に早い流速のため、1度フラッシュすると45秒以内に戻ってくることはほぼ不可能。そのため、ムーブの安定感の高さも必須である。

日本選手で第1戦出場者は高橋選手・松岡選手・小森選手・犬飼選手・森田選手の計5名。健闘を祈りたい!

ガーベレーターウェーブの動画その1はこちら 
動画その2
動画その3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。