スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お疲れ様でした!

第1回ワールドカップ、日本選手は10名が参戦しました。
約1ヶ月にわたり、戦い抜いた選手の皆様、本当にお疲れ様でした!

貝本宣広選手
第2戦28位 第3戦36位
nobuhiro_kaimoto.jpg


八木達也選手
第3戦7位(今大会日本選手最高順位!)
tatsuya_yagi002.jpg


高橋佳宏選手
第1戦29位 第2戦22位 第3戦16位
yoshihiro_takahashi002.jpg


松岡良樹選手
第1戦24位 第2戦9位 第3戦23位
yoshiki_matsuoka002.jpg


小森信太郎選手
第1戦34位
shintar002.jpg


伊藤健一選手
第2戦14位 第3戦29位
esp003.jpg


森田恒陽選手
第1戦45位(SQT3位) 第2戦(SQT1位) 第3戦21位(SQT1位) SQT総合優勝!
coyo_morita002.jpg


松永和也選手
第3戦21位
kazuya_matsunaga002.jpg


加藤むむ選手
第3戦7位
mumu_kato002.jpg


犬飼聡子選手
第1戦10位
satoko_inukai002.jpg


皆様、応援ありがとうございました!

ワールドカップ第3戦結果報告

アメリカ・テネシー州ロックアイランドで行われたワールドカップ第3戦の結果が出ました。なんと予選11位通過の八木選手がセミファイナルで順位を上げて堂々の7位入賞!第2戦の松岡選手9位に続きやってくれました。ほとんど練習時間がなかったことを考慮に入れると、まさにこれ以上はない結果です。
ムーブについては、エントリーキックフリップ、左右ブラント、バックスタブ、カートウィール、ドンキーフリップのルーティーンだったそうです。やはりオーストリアプレワールド3位の実力は健在だった。
本当におめでとう!
YAGI.jpg
 
ちなみにボートはジャクソンカヤックの「ALL STAR」とのこと。

次に期待されていたスクォート部門の森田選手ですが、なんと第2戦に続いて堂々の1位に!
これで第1回ワールドカップ総合(3戦計)チャンピオン決定です。(使用艇はPROJECT45)
今のスクォート競技はミステリームーブの配点が非常に高いため、本人も期待していなかったことでしょう。CONGRATULATIONS!

KOYO.jpg

(ただ3戦を通して参加者が非常に少ないことは、ワールドカップとしてのスクォート競技のあり方に大きな一石を投じることになりそうです。)

 男子の1位はジャクソンファミリー・2005年アメリカチャンピオンのクレイ・ライト(39歳) 
2位-やはりウェーブだけではなかった。スロバキアのピーター・ソンカ(22歳) 
3位 ここは地元なだけに1位を取りたかったでしょう42歳のワールドトッププレイヤー・エリック・ジャクソン
男子総合(3戦の合計)は1位エリック・ジャクソン、2位ステファン・ライト、3位クレイ・ライトでした。全てジャクソンファミリーです。
恐るべし!
 男子ジュニアは17歳のカナダNO1プレイヤー ニック・トラウトマンが1位 
2位に13歳のサラブレッド-ダン・ジャクソンという結果に。3戦を通じてジュニアはこの二人の戦いになったといっても過言ではないでしょう。(2人ともジャクソンファミリー)
女子の1位がターニャ・フォックス(オーストラリア) 
2位はこれまたダンの姉のエミリー・ジャクソン
女子についてもこの二人の独壇場といってよかったでしょう。


長きにわたり第1回ワールドカップに出場された日本選手団の皆さん 本当にお疲れ様でした。感動をありがとう!
また日本でも魅せてください

最終戦 予選速報!

ワールドカップ最終戦がロックアイランドで開催されています。
やりました!
男子K-1八木選手11位で予選通過!
ごく限られた練習時間の中でその高い分析力が活きたのでしょう!
(スクォートの情報はまだ入ってきていません。)
おめでとう!!
男子1位はダントツで、ステファンライト(またもやジャクソンファミリー!)→2位EJ→3位エドスミス
女子1位はまたもやエミリージャクソン&同点でルースゴードン→3位ターニャフォックス
3つ巴の戦いが繰り広げられています。
日本人選手の結果としては、非常に惜しい!! 16位に高橋選手(>上位15名までがセミファイナル進出)、21位に森田選手(>肩の具合はどうでしょうか?)と松永選手、23位に松岡選手、29位に伊藤選手、36位に貝本選手、女子K-1、7位に加藤選手となっています。
練習時間が全くない状態で頑張りました!
Rock_Island_Day120023.jpg

最終戦の予選結果はこちら

泣いても笑っても最終戦!準決勝は日本時間の9/17(日)22:00頃からでしょう。皆で応援しましょう!
頑張れ、ニッポン!!
img_1670.jpg

やっぱり最後はこの人ですね!

ロックアイランド大会1日目

やはり、大会1日目は、限られたダムの放水時間のために、男子Jr.のK-1予選のみ競技が行われました。
ロックアイランドが裏庭の、ダンジャクソンが断然有利かと思われましたが、予選第1位はニックトラウトマン!(>EJの愛弟子です。)
ニックは第1戦のオタワリバー、ガーベレーターでも優勝を飾っていますが、第2戦のブラックリバーでは表彰台を逃しています。(>それでも4位!)
そして、今大会、予選第2位のダンジャクソンは、第1戦3位、第2戦は優勝しています。
さぁ、第1回ワールドカップ初代Jr.チャンピオンはどちらの手に!?
男子Jr.予選リザルトはこちら

第3戦 予選日程

公式サイトの予定スケジュールでは、金曜日には競技開始となっていますが、ダムコントロールの放水の関係か、土曜日に競技開始が持ち越されている模様です。
少しでも練習時間が確保されるといいのですが・・・。
ワールドカップの最終戦!
日本選手の活躍に期待!!
公式スケジュールはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。