スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップ第3戦 ロックアイランド 

rock.jpg

ワールドカップ第3戦(最終戦)のスポットであるアメリカテネシー州のロックアイランドを紹介します!何年も前から(ロングボートの時代から)有名スポットで開催された大会は数知れず。ビデオ等で見たことがある方も多いのでは?スポットの真横にビッグな滝があるのがその目印です。
ワールドカップ最終戦を飾るにふさわしいパワフルなウェーブホールで、ホールムーブからウェーブムーブまで幅広く可能。ただブラント等は出来るには出来るようだが、完全なウェーブではないため、若干ぶっさし系になってしまうようだ。ホップもそこそこのため、ガーベレーターよりもよりシビアなエアーでの処理が求められそう。ただ超強力なバックウォッシュがあるため、ドンキーフリップ(エアースクリューのノンエアーバージョン)やヘリックス(ORフェリックス 同じくヘリックスのノンエアーバージョン)などでガンガン残れそう。キームーブとしては得点の高さから考えると、やはり左右のマックナスティ(コンボを含めて)・エアースクリュー・ヘリックスだと思われる。(水量によってトリッキーウー等も出来るそうだが) 
また残りの良さから考えると、トップの選手はほぼエントリームーブから入ると考えていいだろう。
第3戦に出場予定の貝本選手・八木選手・高橋選手・松岡選手・
加藤むむ選手・伊藤選手・森田選手・松永選手
の計8名の日本選手団はすでにロックアイランド入りしているが、現地から気の重くなるニュースが入ってきている。水量不足のため、大会当日の金曜日からしか放水がないとのこと。日本選手団でロックアイランド経験者はいないと思われるので、全員がほぼぶっつけ本番という最悪の事態です。現段階では9/15金曜日から男女とも予選が開始される予定。(日本時間の金曜夜から)なんとか土曜日に持ち越されないのでしょうか?
ロックアイランドの動画はこちら

ワールドカップ第1戦 大会レポートその2!!

第1戦男子K-1で惜しくも決勝に残れなかったが、プレイはトップクラスだった二人を紹介!

アンソニー・ヤップ 22歳  オーストラリア(RAD)
20060913045435.jpg

元体操選手という身体能力の高さ・バランス感覚を活かしたプレイでオーストラリアワールドで一躍時の人となった。今回も5月からオタワ入りするという気合の入りようで、練習時は他のトッププレイヤーと比べても話にならないほどのレベルの高さを見せていた。
本線では予選最高得点を叩き出すも、準決勝で緊張のせいか体の硬さが見られ、痛恨のフラッシュで10位に甘んじた。身長は170前半くらい、非常に愛想がよくフレンドリー。
動画はこちら

パトリック・キャンブリン  24歳 カナダ(ビジョン)
pat.jpg


全世界でブレイクしたYGPのDVD「New Reign」「Dynasty]で最もCoolなプレイをしている男。オタワではほとんど練習せず、見ている限り本戦のみの出場。大会ではそれ用のムーブをチョイスしたのか、得意のミスティフリップ(エアースクリューに捻りを入れてバックで着地)は見られず少し残念。予選2位通過するも、準決勝であとワンムーブが出来ずに惜しくも6位敗退、世界の壁は厚い!身長が非常に高く190センチ近い? (写真中央)
動画はこちら

第1戦 ガーベレーターウェーブ日本選手の動画をUPしました。

ちょっと長いですが・・・(若干リニューアル!)
動画はこちら

p1010015jpg[1].jpg

選手  高橋 佳宏(boat-レッド)写真左上
     松岡 良樹(boat-グリーン)写真上中
     犬飼 聡子(boat-グリーン)※上着レッド 写真左下
     小森 信太郎(boat-オレンジ)写真下中
     森田 恒陽(本戦のみ)写真右

第1戦 上位5名の動画UPしました。

ワールドカップ第1戦 大会レポートその1!!に、第1戦上位5名の動画をUPしました。
ご覧下さい。
レポート内の「動画はこちら」をクリック!

第2戦最終結果!

ワールドカップ第2戦の最終結果が出ました。
なんと松岡選手は順位を3上げての9位!伊藤選手は14位です。

ついに世界で一ケタです。よくやったおめでとう!

第2戦の最終結果はこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。